アライアンス・パートナー 業務提携 総合建設業【アーキッシュギャラリー】

0120-86-5142

アライアンス・パートナー

HOME  >  アライアンス・パートナー

施工対応エリアの拡張について

自社設計施工対応エリア
 
東京  横浜  千葉中心部  埼玉南部  愛知  岐阜市近郊  三重北東部  大阪  神戸  京都市  奈良市近郊  和歌山北部
4つの建築計画

新規AP施工拡張エリア
 
静岡  三島  富士  富士宮  御殿場  裾野  熱海  伊豆  伊豆の国  伊東  藤沢  茅ヶ崎  平塚  小田原  南足柄
▶2018年6月より、商業建築全般、集合住宅、医療教育福祉施設、工場倉庫建設の施工体制構築

次期AP施工対応エリア
   山梨  甲府  甲州  甲斐  富士吉田  南アルプス  長野  松本  飯田  上田
▶2019年1月より、業務提携開設予定(※設計・施工体制及び各工事業種の対応内容策定中)

アライアンス・パートナー(業務提携)について

株式会社アーキッシュギャラリー<本社:愛知県名古屋市中区錦3-10-32 支店:東京/名古屋/大阪 建設業許可:国土交通大臣許可(特-27)第19146号>では弊社現場監督を中心に各支店ごとに専門技術者(技能工)チームのレギュラー化を組成し、商業建築・注文住宅・不動産開発プロジェクト等中規模建築を主体とした安心安全の施工体制を敷き、これまで1000棟以上の建築家住宅や多数の国内外の自動車ショールーム、ビル・マンション建築を請負い、それぞれの建築プロジェクトに対し専門的な知識と確かな技術力を培って参りました。

2018年6月 株式会社トンボ総合建設と株式会社アーキッシュギャラリーによるアライアンス・パートナー(業務提携)契約締 結により、静岡東/神奈川西部エリアへの施工対応体制を構築致しました。

アーキッシュギャラリーが提案するアライアンス・パートナーとは、都市圏中心型の弊社支店に対し近接地域における施工技術提携<現場監督や専門技術者との業務分担や共同・協業を行う戦略的提携=ストラジテック・アライアンス>を主旨とし、且つ営業活動においても常に平等な立場で業務分担を行うことで今後の業界環境や少子高齢化に伴う現場従事者減少問題に取組んで参りたいと考えています。
また、新たな施策や組成を共に構築し各専門分野に対応できる人財、若手技術者の育成やお互いの地域間のボーダーレス化を図ることで新たな事業領域の拡張や受注機会の増大へと繋げられることを目的としています。

◆information
引続き拡充エリアとして千葉中東部 埼玉中北部 浜松 豊橋 三重 滋賀 和歌山にて建築施工技術者を主業としたアライアンス・パートナーを募集しております。ご興味ご賛同頂きましたらお気軽にお問合せ下さい。
尚、甲府・長野中南部については現在相談中となっております。
※加入費や年会費、登録料、その他ロイヤリティーはございません。各プロジェクト内容に沿って共同・協業・分業制による公正平等な方式を常時相談致します

エリア

※弊社施工対応エリアにおける専門技術者(各職人方)の業者登録も随時募集しております。
  鉄筋工 型枠工 大工 板金工 塗装工 土工 左官工 内装工 外装工 防水工 電気工 設備工 建具工 造作家具 その他

事業内容

株式会社アーキッシュギャラリー 会社概要

商業建築事業
  • ● 国内自動車ショールーム/整備工場
  • ● 海外輸入車ショールーム/整備工場
  • ● 中古車ショールーム/社屋
  • ● オフィス・ビル・工場・倉庫施設
  • ● アミューズメント・エンターテイメント施設
  • ● 医療・美容・教育福祉・飲食施設 
注文住宅事業
  • ● 鉄筋コンクリート造
  • ● 重量鉄骨造
  • ● W+RC(混構造)
  • ● ガレージハウス
  • ● セカンドハウス
  • ● 建築家住宅 
不動産開発事業
  • ● テナント(収益)ビル
  • ● 賃貸/分譲マンション
  • ● マイクロ・アパートメント
  • ● 解体工事
  • ● 造成工事
  • ● 改修工事
企画・設計・施工

アライアンス・パートナー事業方針
  • ・事業主 施主様に対する安心+施工性+適正価格=満足度向上の提供
  • ・相互の企画 設計業務、施工請負における業務領域の拡張
  • ・相互の得意分野における専門技術/知識/経験による技術共有
  • ・全国及び広域展開、チェーン企業様への応対窓口開設並びに受注機会の増大
  • ・施工技術内容共有による適正価格設定による価格競争力強化
  • ・現場監督及び専門技術者(技能工)の各プロジェクトに対する適宜派遣要請体制
  • ・新規事業(不動産関連・ホテル・海外インバウンド事業)に向けた施工体制の構築
  • ・近接県同士の専門技術者チーム化と若手現場監督・技術者の育成
アライアンス・パートナーメリット
  • ✓加入金や年会費、登録料、その他ロイヤリティーは一切ありません
  • ✓双方における企画・設計プロジェクト及び施工に関する分業や協業
  • ✓弊社関連グループ企業における各プロジェクトの分業や協業
  • ✓相互における案件紹介による協業事業
  • ✓工事規模・内容、設計/営業/経営についての適宜相談
  • ✓スケールメリットによるイメージアップ・信頼性の向上
  • ✓都市圏⇔地方郊外エリアへの参画
  • ✓各地元エリアにおける中規模建築受注体制構築

※弊社は東証一部上場企業関連会社の為、厳正な審査及び面談有

アライアンス・パートナー フロー

STEP
01

ご相談・お問合せ・申込書送付

◆業務提携申込書を記入の上、メールまたはFAXにてお送りください

    ◆事前でのご相談・お問合せにつきましては担当までお電話ください

  • 担当窓口:     大西/大脇
  • Free dial:   0120-86-5142
STEP
02

企業確認 書類審査 与信調査

◆弊社規定による審査を行います

STEP
03

弊社担当者による面談日時の決定

  1. 1. 最寄の弊社支店(東京 名古屋 大阪)に来店して頂きます
  2. 2. 先方企業様へ弊社担当者が訪問させて頂きます
  3. 3. 双方の会社確認、実績、業務内容、案件相談、分業協業体制の是非など方針共有を図ります
STEP
04

双方による方針決定

◆面談内容にて業務提携の是非をお互いが再確認します

STEP
05

アライアンス パートナー(業務提携)契約書内容の確認

◆弊社管理本部より、契約書をお送り致します ※詳細内容については相談可

STEP
06

弊社取締役会の承認後、代表者との最終面談

◆アーキッシュギャラリー本社にて先方主要メンバー様との面談になります

STEP
07

アライアンス パートナー(業務提携)契約締結

STEP
08

双方の主要な各専門技術協力会社との会合

START

アライアンス・パートナー事業開始

  • ・ 双方のHP webリリース
  • ・ 弊社作業ユニホーム・名刺  作成
  • ・ 案件相談/紹介/分業協業  開始
  • ・ 営業/企画/設計協力体制  開始
  • ・ 情報交換/業務内容共有会  定期開催

提携事例 株式会社トンボ総合建設

2018年6月 アライアンス・パートナー(業務提携)契約 締結

          
会社名 株式会社トンボ総合建設
代表者 中村 安伸
所在地 〒411-0942 
静岡県駿東郡長泉町中土狩483-6
電話番号
FAX番号
055-946-6871
055-946-6872
URL http://tonbo-2018.com/
許認可 建設業許可   静岡県知事許可(般-30)第39255号
得意建物 商業建築全般  集合住宅  医療・教育・福祉施設  工場・倉庫建設
有資格内容 一級建築施工管理技士 一級土木施工管理技士 一級管工事施工管理技士
一級電気施工管理技士 一級塗装技能士 宅地建物取引士 その他
概要

地元総合建設会社(中堅ゼネコン)にて現場監督歴20年以上のキャリアを培った中村氏と西宮氏、大規模修繕塗装工事を得意とする南地氏、地元金融機関にて管理・経理知識豊富な山崎氏を中心メンバーとし静岡東部で創業した建設会社。
企業としての社歴は浅いが個々が得意とする商業建築や集合住宅等、中規模建築における現場監督実績は数十棟に及ぶ。また長年、重要な上職業務を担い若手現場監督の育成や各専門技術者の信頼も厚く、現場における手配段取り、コストコントロール、工程管理における定評も高い。

「もっと現場と向き合いたい。やりがいのある"モノづくり"を追求した人生を送りたい」

その昂る想いを抑えきれず、仲間と共に思い切って起業した。
今後、建設業界は都市部集中型のプロジェクトが中心となり我々地方の建設環境はかなり厳しい時代になる。それでも今までの経験や知識を活かし、挑戦的な姿勢で建築に取組みたい。本音を言えば建築しか取り柄がない(笑)【中村氏】

アーキッシュギャラリーは静岡県内の商業プロジェクトより以前から知っていた。率直なイメージは「挑戦的な企業風土を持つ次代を担う新しい建設会社」一般的な建設会社が敬遠しがちな高級住宅や建築家が設計した住宅実績が豊富で施工精度やデザイン性を特徴とする企業ブランドも高く、最近は我々が得意とする商業建築に特に注力している。更にビル・マンション・ホテル関連にも積極的に進出している。
また強みでもある、東証1部上場企業「VTホールディグス」が親会社であり、社会的信用性と磐石な経営基盤を背景に柔軟な営業活動を行っている。
今回のアライアンス・パートナーについては、我々トンボ総合建設の主要エリアである静岡東/神奈川西部においてお互い得意な領域内での業務分担を図ることで率直に新たな営業チャンネルの拡充に繋がると思いました。【西宮氏】

今後、地方郊外型の地域環境では少子高齢化が都市部よりも加速化し、ますます若年層も東京や大阪などの大都市へ移動していくことが予想できます。
私たちが育ってきた地域で培ってきた建築知識や技術を都市圏での仕事に活かすと共に腕の良い技術職人さんに今後も多くの機会・創出に繋がると感じました。また競争が激しくスピーディーな都市圏での業務体験や経営手法、価格勝負など、逸早く取入れることで我々の地元地域での競争に打勝つ術を身につけられると期待しています。【山崎氏】

今後

現場監督として必要不可欠な建築への取組姿勢と実直さ、そして20年以上の監督経験値と施工管理実績。
弊社パートナー企業として最も重要視した処です。

株式会社トンボ総合建設は静岡東/神奈川西部を主要施工エリアとしていることでアーキッシュギャラリー東京/名古屋支店への利便性も高く、効率的にお互いのプロジェクト内容を補完しあえる環境です。また常に共有・融合を図れ、更なる技術者の知識・施工レベルの向上に繋がります。
直近の様々なプロジェクトより今後の展開展望についても施工における業務分担や協業方式に対する技術力を主眼においた姿勢と方針がお互いに明瞭で特に公正平等な関係性を重視しています。

都市圏には2019年G20サミットやラグビーW杯開催、2020年東京五輪を始めIRやEXPO大阪への誘致活動、リニア中央新幹線プロジェクトなど目白押しです。また海外旅行者を対象としたインバウンド需要に対する各施設建設など短期間で集中的なプロジェクトに伴い、周辺の商業建築・不動産開発案件も増加すると予測しています。但し建設業界の2025年問題等、急激な技能者の減少は看過できない問題です。
発達しつづけるIT・AI技術、交通インフラなどを上手に活用し都市圏と地方郊外部を結付け「確かな施工技術によるモノづくり」を創出していく施策が必要です。
建設業における従来型の上下方式ではない、公正平等且つ共同・協業を目的とした水平ラインによる戦略的提携の推進を目的としています。

     
agg

PAGETOP