狭小住宅 施工実績 作品例373【アーキッシュギャラリー】

0120-86-5142

狭小住宅

HOME  >  注文住宅事業  >  狭小住宅  >  三重県いなべ市 D邸

  • 狭小住宅 れんそうの離れ アーキッシュギャラリー
  • 狭小住宅 れんそうの離れ アーキッシュギャラリー
  • 狭小住宅 れんそうの離れ アーキッシュギャラリー
  • 狭小住宅 れんそうの離れ アーキッシュギャラリー
  • 狭小住宅 れんそうの離れ アーキッシュギャラリー
  • 狭小住宅 れんそうの離れ アーキッシュギャラリー
  • 狭小住宅 れんそうの離れ アーキッシュギャラリー
狭小住宅 れんそうの離れ アーキッシュギャラリー 狭小住宅 れんそうの離れ アーキッシュギャラリー 狭小住宅 れんそうの離れ アーキッシュギャラリー 狭小住宅 れんそうの離れ アーキッシュギャラリー 狭小住宅 れんそうの離れ アーキッシュギャラリー 狭小住宅 れんそうの離れ アーキッシュギャラリー 狭小住宅 れんそうの離れ アーキッシュギャラリー

狭小住宅 作品例 373

D邸 【三重県いなべ市】

敷地面積
224.12 m²
構造
木造
規模
2階建
設計
半谷彰英
施工
名古屋支店

れんそうの離れ

三重の古くから続く住宅地、母屋のとなりにあった古屋と同じ14坪の限られた建坪に建つ住宅です。アプローチにはじまり、玄関、LDK、個室、屋上テラスから鈴鹿山脈への眺望まで、それぞれの層をスキップフロア状に連続させて繋いでいます。これによりリビングからはDKとスタディスペース、スタディスペースからは寝室とリビングという様に、1つの層が2つの層と隣合い、豊かな空間の広がりを生み出しています。
外観は地域を連想させる近隣と同じ材料を使い、建物の高さは隣家と連なる様に揃えられています。光は南からの採光が期待出来ないため、東西の連窓サッシにより一日中明るい光を確保しつつ熱量を調整しています。新たな家族が、地域に連なる相を思いながら計画させて頂いた住宅です。

PAGETOP